【FX突撃取材!】6月10日(木曜日)■神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

神田卓也 FX戦略

【FX突撃取材!企画】に外為どっとコムのセミナーでお馴染み神田卓也さんが参加!
神田卓也さんは、外為どっとコム総合研究所の取締役調査部長上席研究員。外為どっとコム総合研究所のレポートや、動画、ツイッターで有益な為替情報を配信されています。
その神田卓也さんから、毎週木曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!
毎週・木曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2021年6月10日10時時点に神田卓也さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■6月10日(木)神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日9日(水)の米ドル/円は終値ベースで約0.1%の小幅高。米10年債利回りが1.5%を割り込んで低下する中、一時109.23円前後まで下落したものの、下値の堅さを再確認すると109.60円台へと反発した。これで3日続けて109.20円付近で下げ止まった格好だ。市場の関心は、本日10日(木)に発表される米5月消費者物価指数(以下CPI)に集まっており、市場予想によると前年比+4.7%に伸びが加速する見通し。CPIが予想以上の伸びとなればドルが上昇する公算が大きい。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)は、足元のインフレ上昇は一過性との姿勢を維持しており、金融政策を運営する上で重視しない方針を表明している。CPIが多少上ブレしても米長期金利やドルの上昇余地は限られそうだ。米ドル/円はひとまず109円台前半で値固めを終えたように見受けられるが、110円台に定着するのは難しいかもしれない。

現在の為替相場の戦略やスタンス

本日10日(木)は他に欧州中銀(ECB)の金融政策にも市場の注目が集まりそうだ。パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の取り扱いが焦点となる。購入規模(買い入れ枠)は1.85兆ユーロに据え置かれる公算が大きいが、現行の買い入れペースを続ければ来年2022年3月のプログラム終了前に枠を使い切る可能性が高い。一方で、買い入れを減速させれば、市場が「テーパリング(量的緩和の段階的な縮小)」と受け止める可能性もある。ECBは難しい舵取りを迫られており、ラガルドECB総裁の市場との対話に関する手腕が試される事になりそうだ。いずれにしても、ユーロは本日10日(木)のECB理事会を無風で乗り切る事は難しいと見られ、乱高下する公算が大きいだろう。

<ユーロ/米ドル 日足チャート>
ユーロ/米ドル日足
※クリックで拡大します

>>>>>外為どっとコム×羊飼いのFXブログ特別タイアップキャンペーン実施中<<<<<
口座開設+初回入金と取引量に応じて10万3000円キャッシュバック!
スプレッドも全通貨ペアで業界最狭水準を提供!
今なら、羊飼い限定タイアップで、通常キャンペーン+3000円キャッシュバック
※キャンペーン期間は口座開設月から翌々月末まで(2021/2/1より開始)
新規口座開設で最大10万6000円キャッシュバック 詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み