【FX突撃取材!】10月6日(水曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2021年10月6日10時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】10月6日(水)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■10月6日(水)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

今週前半市場の目をひいたのが、豪州の貿易収支。

------------豪貿易収支、8月は黒字が過去最高 LNG・石炭の輸出好調------------
豪連邦統計局が昨日5日(火)発表した8月の貿易収支は、黒字が予想外に拡大して過去最高となった。鉄鉱石価格が下落した一方、液化天然ガス(LNG)や石炭の輸出好調だった。貿易黒字は151億豪ドル(110億米ドル相当)で、7月の127億豪ドルから拡大。市場予想の103億豪ドルを大幅に上回った。輸出は前月比4.1%増の485億豪ドル。アジアの強いエネルギー需要を背景に、LNG、原料炭、一般炭が輸出の伸びを主導。価格、数量ともに好調で、鉄鉱石価格の大幅下落の影響を相殺した。(出所:ロイター)
------------------------
数ヶ月前までは、鉄鉱石が豪ドルの行方を左右する鍵となっていた。その鉄鉱石が220レベルから100へと半分へ劣化したためこれまでの教科書的には豪ドルは大きく値を下げるはず。ただ鉄鉱石が急落しても、しっかりLNGや石炭がカバーしてくれるところが豪州の凄いところ。特にLNGは、豪ドルの新たなサポート要因となっている。

現在の為替相場の戦略やスタンス

鉄鉱石は中国の需要が減少しているので急反発はないだろうが、世界的な需要増大によりLNGはまだ上昇する余地があり、LNG、石炭は豪ドルを押し上げる要因となりそうだ。よって豪ドル/円のロング、ユーロ/豪ドルのショートと、豪ドルロングスタンス継続。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<豪ドル/円 日足チャート>
豪ドル/円日足チャート
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み